あなたに合った離婚弁護士を選びましょう

離婚を考えている場合は、まず弁護士に相談するようにしましょう。自分だけで悩んでいても、なかなか前には進みません。まず役所とか、消費者生活センターの無料相談窓口でもいいので、とにかく自分の悩み、今後どうしたらいいかを聞いてもらいましょう。そうすることで、具体的な計画を立てやすくなります。また第三者の視点から見てくれますので、どのような点を改めるといいかといった点も、アドバイスしてもらうことができます。しかし弁護士に相談するといっても、別に裁判でもないのにと思うかもしれません。しかし裁判だけでなく、協議離婚や調停離婚の場合であったとしても、弁護士に依頼することはできます。無論その場合は費用がかかりますが、依頼しておくことで得られるメリットもあるのです。

事務所で相談する時はメモを持参しましょう

離婚の場合は、やはり離婚を専門とする離婚弁護士に依頼するのがお勧めです。無料相談窓口の場合でも、紹介してもらうことはできますが、弁護士会とか法テラスで相談すると、より自分の目的に近い弁護士を紹介してもらえます。無論、自主的にネットで検索して、アポを入れて会いに行くという方法もあります。離婚弁護士に会う場合は、まず家族や子供の年齢、仕事、職業や結婚生活期間、そして相手に非があるのか否かを、メモして持参するのがいいでしょう。また、自分が弁護士から聞きたいこと、たとえば慰謝料や親権、養育費などもリストアップして、一緒に持って行くようにしましょう。弁護士の場合は相談時間30分につき、5400円の相談料がかかりますので、短い時間で効率よく話せるように工夫するのがいいでしょう。

離婚弁護士選びは複数の弁護士から選ぶのがお勧め

まず相談でこれらのことを話し、どのようなアドバイスをもらえるかによって判断します。たとえば、相手に非がないから離婚理由にならないと言われることもあるでしょうし、逆に、すぐ別れなさいと言われることもあるでしょう。ですから、多少相談料はかかりますが、本当は数名の離婚弁護士と相談して、自分に合った人を選ぶのが一番のお勧めです。それから、特に子供がいる場合は、離婚が子供に及ぼす影響もあります。またお金もかかるわけですから、あまり安易に離婚を勧める弁護士は感心できません。無論最終的にはその人の判断となりますが、離婚までにはこれだけのことをしなければならないし、また費用が具体的にこれだけかかると言ってくれる弁護士の方が、逆に安心してまかせられるということもあります。