まずは離婚弁護士に相談してみてはいかがですか

漠然と離婚を考えているけれど、具体的にどのような行動を取るべきかで悩んでいませんか。そのような時には、まず弁護士がいる場所で相談してみることをお勧めします。知り合いに弁護士がいないという場合は、たとえば市役所とか区役所、消費者センターなどに設けられている相談窓口、そういった所を活用してみるといいでしょう。もちろん知り合いに弁護士がいるのであれば、その事務所で相談してみるという方法もあります。ただしその場合も、気をつけたいことがあります。弁護士には得意分野があり、たとえば債務整理を得意分野とする弁護士に話を持ち出しても、なかなかうまく行かないことがあります。その時は、離婚に強い弁護士、いわゆる離婚弁護士に相談をして、アドバイスを得るようにしましょう。

調停の段階で弁護士をつけるとメリットが多い

離婚はまず、協議離婚からスタートします。これは夫婦の話し合いによる離婚のことで、日本の離婚率の9割以上がこれに当たります。それでも合意できない時は、調停離婚になります。家庭裁判所に申立てをして、調停委員に話を聞いてもらう方法です。しかしそれでも合意できない時は、裁判を起こして離婚をする方法になります。本来ならば、この裁判で初めて弁護士が必要になります。しかし、実は調停の段階であっても、離婚弁護士に依頼することはできます。依頼しておくことで、その人にメリットのある形で話を進めてもらうことができますし、調停委員にどのような話をするべきか、書類はどのように書くべきか、といったことも教えてくれます。ですから、調停となった時点で、早めに弁護士事務所に行って、引き受けてもらうといいでしょう。

離婚弁護士への相談の仕方と費用に関して

離婚弁護士の場合は、離婚に特化している事務所も多く、予算に応じてプランを建ててくれる所もあります。相談に行く場合は、まず夫婦や子供の個人情報、財産、ローンの有無などをメモして持って行き、時間内に効率よく話せるようにしましょう。場合によっては、かなり私生活に立ち入ったことを聞かれることもありますので、心の準備もしておきましょう。それから弁護士費用ですが、調停の場合は約50万円前後ですが、裁判になると100万円ほどかかることもあります。高くて一括払いできないという時には、分割払いができる事務所もありますので、相談の時に問い合わせてみるようにしましょう。それから民事法律扶助といって、法テラスで相談した場合は、一時的に費用を負担してもらえます。特に所得が少ない人の場合は、この方法が便利です。