離婚弁護士の依頼方法や費用など紹介します

離婚弁護士というと、裁判を離婚で争うようになった場合に、初めて必要になるというイメージが強いかもしれません。しかし実際はそうではなく、本来は弁護士が不要であるはずの協議離婚、あるいは離婚調停の場合であっても依頼しておくと、その人にアドバイスをしてくれたり、有利にことを運んでくれたりすることもあります。そうはいっても、知り合いに弁護士もいないし、どうやって選んだらいいのかわからないという人もいるでしょう。また、弁護士に依頼するだけのお金がないという人も、いるかもしれません。そのような場合には、無料相談とか、お金を立て替えてくれる方法などを利用して、予算に合った離婚弁護士を選ぶようにしましょう。相手は法律のプロですから、必ずその人の味方になってくれるはずです。

まず無料の窓口で相談をしてみましょう

離婚弁護士というのは、その名の通り、離婚の分野に強い弁護士のことです。弁護士には色々得意分野がありますので、他の分野に強い人であっても、必ずしも離婚に強いとは限りません。ネットを利用して自分で事務所を探す時には、その点に注意しましょう。また役所や消費者センターなどの相談窓口でも、離婚について話を聞いてもらうことができます。こういう窓口では、弁護士が輪番で相談に乗ってくれます。何度か足を運び、弁護士の名刺をもらっておいて、一番印象がよかった人、安心してまかせられそうな人に連絡を取るといいでしょう。ただし弁護士は忙しいので、飛び込みで行っても会ってくれません。必ず事前に予約を入れ、夫婦や子供の年齢や、結婚してからの期間、財産などの詳細をメモして持参することをお勧めします。

離婚方法によって費用も違って来ます

それから離婚弁護士に依頼した場合に、かかる費用についてです。協議離婚の場合は、相手に責任があった場合の慰謝料の相談などが中心なので、そう高くはありません。相談料だけのこともありますし、かかっても数万円ほどです。一方離婚調停の場合は、40万円から60万円ないしは70万円がかかります。これは調停で合意に達するまでの期間にもよります。調停で離婚が成立しなかった時は、裁判になります。この時は60万円から80万円ほどが相場ですが、もちろん事務所によって多少の違いがあります。また離婚の場合は、離婚そのものの費用と、慰謝料請求などにかかる費用との、二段階で費用が発生しますので気をつけましょう。もし所得が少ない時は、法テラスの民事法律扶助で一時的に立て替えてもらえます。また事務所によっては、費用の分割払いがOKということもあります。